アーカイブ | 8月 2016

  • 公的健康保険を使える注射いらずのチャンピックス

    チャンピックスは、日本で初めてのニコチンを含んでいない経口禁煙補助薬です。タバコを吸いたい欲求や、離脱症状を軽減させることができます。禁煙成功率が高いのが特徴です。禁煙外来などを行なっている病院で治療を受けることができます。チャンピックスを取り扱っている病院では、自由診療で治療を行なっているところが多くありますが、ニコチン依存症治療に対する医療保険診療期間として届け出を行なっているところでは、禁煙治療を希望した人を対象にした保険治療が可能なところもあります。一方、自由診療というのは、保険外の診療をさします。公的健康保険である健康保険証を使わずに治療を受けることになります。全ての治療費を自己負担することになります。禁煙治療で使用されていた注射は、通院しないと治療を受けることができませんでしたが、チャンピックスは、服用する薬のため、処方されてからは自宅で治療ができるのが魅力のひとつです。チャンピックスは、服用してからタバコを吸うと、タバコが不味く感じるようになります。そのため、12週間の治療を行なうことで、多くの人が禁煙を達成しています。チャンピックスに含まれている成分の中には、ニコチンのような作用を示すことによって、弱いドーパミン放出作用をうながす成分が含まれています。タバコを吸わない際に感じる精神的な不安定さや、ストレスを緩和することができます。また、ニコチンと拮抗して作用をする特徴があるため、タバコを吸った際、精神的な満足が得られにくくなり、タバコを手放しやすくさせます。チャンピックスによる治療を受ける際には保険が使用できるか否かで、治療費は大幅に異なってきますので、自分にあったところを探すことをおすすめします。