アーカイブ | 7月 2016

  • 税率が上がり禁煙志向が強い社会とチャンピックス

    煙草が身体に悪いということがだんだんと世の中に知られるようになってきたことを受けて、煙草をやめたいと考える人も多くなりました。しかし、ただ吸わないぞ、と考えても禁煙できないというのはいわば当然であり、それによってやめられる人はそれほど多くはありません。そのため、数多くの禁煙方法が開発されて世の中に知らしめられてきました。しかし、そういった情報に疎い人にとっては禁煙をしたくても記念の仕方がわからないという状況が長らく続いていたのが事実です。一方で、煙草の税率が引き上げられたことによって喫煙が家計を圧迫する度合いが大きくなったことを受けて、禁煙を望む人はますます増える状況になりました。そういった状況下において、チャンピックスが市場に登場したのは多くの人に禁煙の仕方を理解させるのに大きな貢献をしました。保険治療としてチャンピックスを用いる治療が行えるようになったことで医療機関を中心として公共団体なども、積極的に保険治療の存在をアピールして喫煙者に禁煙の手段があるということを宣伝できるようになったからです。保険治療であるということは国が認めた治療法であるということであり、民間企業が宣伝している禁煙治療の方法とは違って誰もが宣伝しやすいものとなります。その影響を受けて、情報に疎かった人たちもチャンピックスの存在を知り、保険治療で禁煙を進めていきたいと考えるようになってきています。こういった形で健康に対する意識の高まりや、煙草税率の上昇が起こってきた時代の流れの中でチャンピックスがもたらした恩恵は大きなものであり、これから煙草をやめたいと考える人たちの大きな力となっていくことになるでしょう。